今よりも、もっと自分らしく・・・

自然に住もう

自然に住もうホームへ

フリーダイヤル 0120-24-4152

グランディアホーム株式会社 一級建築士事務所

ホーム > ブログ

『自然に住もう』代表のブログ

現場まわり-習志野市リノベーション セルロースファイバー吹き込み

習志野市谷津で築28年のマンションをリノベーションしています。
この頃のマンション特有の結露によって、北側の部屋がカビで壁が黒くなり、壁紙のクロスが剥がれ、石膏ボードも朽ちているという状況でした。
それらを解消することと間取り変更のご依頼をいただき、リノベーションがはじまりました!

IMG_1085
▲結露対策として外壁面に『セルロースファイバー』を吹き込みました。

窓が見える部分にも、これからセルロースファイバーを吹き込みますが、マンションの躯体であるコンクリートが見えています。
セルロースファイバーの上に石膏ボードを張り、仕上げにはウッドチップが入った壁紙の『オガファーザー』を張ります。

その他、廊下とダイニングの段差をなくしたり、リビングの隣りにあった和室を広々としたリビングに繋げるなど間取りも大きく変わります。

コメント入力はこちらから

『住まい見学バスツアー』終了レポート

昨日は、『住まい見学バスツアー』を開催しました。
マイクロバスを貸し切って、修学旅行のような雰囲気もある中、3件の完成済み住宅を見学していただきました。
『住まい見学バスツアー』の詳しい内容はこちら

第一会場は八千代市八千代台東で、続いて緑区高田町、3件目が成田市三里塚でした。
移動中の車内では、私による『長く住める住宅に使う“木材の選び方・見極め方”勉強会』と『自然素材の“選び方・見極め方”勉強会』のダイジェスト版をマイクを握り締めながら行いました。

IMG_6188
▲まず、第一会場では外壁の漆喰の自浄作用や気化熱化による影響などをお伝えしました。

もちろん住宅の中に入ってからも、珪藻土や無垢フローリングとセルロースファイバーの特徴なども伝えました。
それだけでもなく、間取りのコンセプトやお客様からいただいた要望をどのように形にしたか?などもお伝えしました。

(さらに…)

コメント入力はこちらから

本日は『住まい見学バスツアー』です!

満席御礼でございます。
参加いただけなかった方、申し訳ありません・・・・
次回は優先してご案内します。

IMG_1051
▲今日は、自然素材と無垢を追求した『びおハウス』3件を見学します。

バスの中では、私が自然素材と千葉県の木のことを話します。
なぜ、当社が自然素材を使い始めたのか?天然乾燥させた千葉の木にこだわり続けているか?などもお伝えします。
『住まい見学バスツアー』の詳しい内容はこちら

コメント入力はこちらから

サイトマップ | 個人情報の取扱について | Links