今よりも、もっと自分らしく・・・

自然に住もう

自然に住もうホームへ

フリーダイヤル 0120-24-4152

グランディアホーム株式会社 一級建築士事務所

ホーム新築を建てる > 調湿する天然100%珪藻土

調湿する天然100%珪藻土

今、世の中に出ている約60種類の珪藻土は
ほとんどが偽物です。

本物は少なく、珪藻土の含有率1%でも珪藻土と呼ばれ、
接着剤(化学物質)が入っているという事実を
住宅のプロすら知らないのです。

北海道稚内市の珪藻土採掘地
調湿する天然100%珪藻土

『珪藻土マスター』による
珪藻土の解説

まずは珪藻土の特徴を『珪藻土マスター』の山本太郎氏が解説する『珪藻土の教科書(動画版)』ダイジェスト版をご覧ください。

珪藻土を使うことで得られる快適性とは?

●結露を防ぎ、湿度を調整する調湿効果によりカビやダニの発生を防ぐ。
●消臭効果が高く、ペットやタバコなどの臭いを消す。
●蓄熱・蓄湿効果が高く、冬の場合は日中の室温熱を蓄え、室温が下がると熱を放出する。

この快適性は、約60種類ある珪藻土の全てには当てはまりません。

 合成樹脂などが含まれている珪藻土では、これらの快適性はほとんどないと言っても言い過ぎではありません。『なんとなく前よりは結露が少なくなった気がする・・・』程度です。
そして、珪藻土の採掘地も北海道以外の珪藻土では、これらの快適性はほとんどありません。
秋田県産はビールの濾過材で、石川県産は七輪に使われていて、珪藻土の特性と用途が異なっているからです。
要するに、約60種類あると言われる珪藻土のほとんどが、快適にはならないということです。

 このような快適性を実感できる珪藻土は約60種類ある中で、ほんの一握りしかありません。その一握りの珪藻土が『メソポア珪藻土』です。

調湿効果が衰えることない唯一の『メソポア珪藻土』

※調湿効果…珪藻土の特徴である湿度の吸放湿を調整し結露を抑える機能

 メソポア珪藻土の優れた調湿効果と安全性を、その他の有力珪藻土メーカーの製品と比較してみました。
『吸放湿量』とは珪藻土1kg当たりに湿気を吸放湿する量を表し数値が高いと、調湿効果が高いということになり、『珪藻土含有率』は珪藻土が含まれている割合を表し、高ければ珪藻土の純度が高いといえます。

※すべてメーカーが表示している数値です。
※ホームページ上では全て匿名で表示していますが『自然素材の勉強会』では、具体的なメーカー名を挙げてご説明しています。

なぜ、メソポア珪藻土はこれほどまでに高性能なのでしょうか?

第一に接着剤に『樹脂』を使っていないからといえますが、その秘密を『珪藻土の教科書(動画版)』に登場していただいた珪藻土マスターの山本太郎氏は、以下のように述べています。

「珪藻土の代表的な特徴である調湿機能は、『ポア』(珪藻土の穴)の大きさによって決まります。メソポア以外には、調湿機能がないのです。」この『ポア』とは、肉眼では見ることが出来ない珪藻土の細孔(穴)のことです。

珪藻土の原石を顕微鏡で5500倍に拡大した写真。
この孔(穴)の中にさらに小さな孔が無数にあり、これらの孔がたくさんの湿気を吸収する力を持っています。

マクロポア

大きめのポア、調湿機能が少ない。

ミクロポア

小さめのポア、吸湿機能は大きいが放湿機能が少ない。

メソポア

大きすぎず、小さすぎず、ちょうど良い大きさのポア、調湿機能に優れている。

※『メソポア』とは、直径2?50ナノメーターの細孔(穴)
(ナノメーター:百万分の1ミリ)

 そして、現在多く使われている珪藻土のほとんどが『マクロポア珪藻土』です。ですから、珪藻土と言っても、ほとんどの珪藻土には調湿する機能がありません。これが、室内に珪藻土を塗っても、結露やカビ・ダニが無くならない理由です。

 珪藻土はビールのろ過材や土壌改良材としても使われていて、現在市販されているほとんどの珪藻土は、これらのために採掘されて使われずに余ったものが住宅に使われる珪藻土となっていると言われています。

 『メソポア珪藻土』は、唯一、調湿機能のある珪藻土であり、住宅に使われる塗り壁専用として北海道稚内市で採掘されています。

 そして、接着剤に『樹脂』を使うと調湿機能・吸放湿量が低くなるのは、『樹脂』によって、『ポア』(珪藻土の穴)が塞がれてしまい、穴が無くなってしまうからです。

 熱湯(90℃)をそれぞれの水槽に入れて、約15分後の水槽内の湿度が何%になっているかを比較しました。
 右側がビニルクロスの部屋(ガラス水槽と同じ環境という前提)で、左側が『メソポア珪藻土』を塗った部屋を見立てて実験しました。

実験前(お湯を入れる前)

すでに珪藻土の部屋内の湿度が31%になっていて、調湿をしているのが分かる。右側のビニルクロスの部屋は湿度が48%になっている。

約15分後(お湯を入れた後)

右のビニルクロスの部屋は湿度が85%と不快な環境になっているが、珪藻土の部屋は72%で調湿している。

 このように、珪藻土には湿度を吸収・調湿する高い機能を持っています。
 ただし、先にもお伝えした通り、『メソポア珪藻土』以外の珪藻土では、このような湿度を吸収・調湿する高い機能はありません。機能があるとしても、長い時間がかかってしまいます。
 珪藻土と一言で言っても、約60種類あるので分かりにくいものです。

新築を建てる

無料メール相談
  • 施工事例
  • 新築施工事例
  • リフォーム施工事例
社長村上よりごあいさつ
自然に住もう代表のブログ
完成お披露目会
棟梁・職人紹介 | 当社の大工は腕に自信があります!
選んで良かった | お客様の声をお聞き下さい
勉強会に参加する

サイトマップ | 個人情報の取扱について | Links