今よりも、もっと自分らしく・・・

自然に住もう

自然に住もうホームへ

フリーダイヤル 0120-24-4152

グランディアホーム株式会社 一級建築士事務所

ホームリフォームする > 電磁波対策・オールアース住宅

「電磁波過敏症」が増えています。

住宅の中に潜んでいる“電磁波”もう知らないふりはできません。

社会的な問題になりつつある電磁波。住宅の中にいるだけで、電磁波の影響を受けています。

日本には電磁波の規制がありません。

 最近ではテレビゲームにも、電源コードにアースが付き始めました。
 テレビゲームで遊ぶ子供達への電磁波の影響を考慮した上でのことです。

 テレビゲームは機種にもよりますが、コンセントに差し込まれている電源コードからコントローラーに伝播して、身体全体に誘導電流を誘起させ、電気から起きる低周波の電磁波を発生させています。

 世界で最も厳しい規制値があるスウェーデンでは25ボルトパーメーター(電磁波の交流電場の単位)を超えると人体に影響があるとされています。
長時間ゲームをしている間、相当な電磁波を浴び続けているのが現実です。

■電磁波を詳しく知るには、この2冊をお勧めします。

どれだけ電磁波が出ているのか?

 私たちが日常的に使っているノートパソコンやホットカーペットは、650V/m(ボルトパーメーター)の電磁波を電源を入れるだけで発生しています。
スウェーデンが規制している電磁波の約25倍です。
日常的に、これほどの電磁波を私たちは受けているのです。

そして、一般的な住宅には約1000mもの電気配線が壁や天井内に張り巡らされています。
この電気配線からは常に電磁波が出続けています。
電気配線以外にもコンセントなども電磁波を発生させています。
しかも最近の住宅は昭和40年頃と比べて、電気配線は長くなり、
コンセントの数が多くなり、電磁波の発生源に囲まれてしまっています。

            30年前   現在
(壁内の)屋内配線の量 150m  ⇒ 1000m
分電盤の回路数    6回路  ⇒ 23回路
照明の数       16箇所 ⇒ 42箇所
コンセントの数    16箇所 ⇒ 48箇所

 日本には"内線規定"というものがあります。
一部屋あたり4箇所以上コンセントを設けなければいけない・・などというルールです。
この "内線規定"により、30年前とくらべると恐ろしいほど私たちは電気に覆われてしまいました。

「オールアース®住宅」で電磁波(電場)をブロックする。

床下や壁の内部を通る配線からは、電磁波(電場)が常に発生しています。
電場は電位が高い方から低い方へ流れます。
人体は電位が低いため、配線からの電場は室内にいる人間の身体のほうへ流れ伝播してしまい、家に居るだけで伝播し続ける状況をつくり出すことがわかりました。

 その解決策として「アースによって抑制される」という電場の性質を利用するために、導電性シートを開発しました。
このシートを配線と床(壁)の間に敷き、シートをアースするだけで、シートが配線からの電場をブロックし、たとえ配線の真上に座っても電場の影響を受けない環境を作り出します。

「オールアースR住宅」で電磁波(電場)をブロックする。
導電性シートを張った後、電磁波が除去されているかを確認します。

グランディアホームは、住宅内で発生する電磁波の人に与える影響を抑えるために、(株)レジナ(代表 土田直樹氏)が開発した『オールアースR住宅』の技術を新築住宅建築とリフォーム工事に取り入れています。

2階の床下から強い電磁波が発生します。2階床下に張り電磁波の発生を抑えます。

内壁の石膏ボードの内側に張ることにより、電磁波の発生を抑えます。

※不定期ですが、『"電磁波"勉強会』を開催しています。

リフォームする

無料メール相談
  • 施工事例
  • 新築施工事例
  • リフォーム施工事例
社長村上よりごあいさつ
自然に住もう代表のブログ
完成お披露目会
棟梁・職人紹介 | 当社の大工は腕に自信があります!
選んで良かった | お客様の声をお聞き下さい
勉強会に参加する

サイトマップ | 個人情報の取扱について | Links