今よりも、もっと自分らしく・・・

自然に住もう

自然に住もうホームへ

フリーダイヤル 0120-24-4152

グランディアホーム株式会社 一級建築士事務所

ホームリフォームする > 自然健康塗料“キヌカ”

自然健康塗料“キヌカ”

偽物の自然素材風住宅には、
無垢フローリングにウレタン塗料が塗られている。
自然素材の初心者会社に多くある勉強不足。

自然素材の住宅というと、壁には珪藻土や漆喰を塗って、
床には無垢フローリングを使うのが、基本中の基本です。
ただ、世の中に出回っている珪藻土や漆喰のほとんどは偽物です。
無垢フローリングですら、ウレタン塗料を塗ってしまう
自然素材も初心者会社もあるほどです。
ですから、このホームページや『自然素材の教科書』では、あなたに偽物を見分けるための知識を得ていただくことを役割としています。

無垢フローリングと自然塗料

 自然健康塗料とは、無垢の木に塗る塗料です。
 室内だけではなく、室外のウッドデッキなどにも塗れます。
 自然健康塗料を分かりやすく説明するために、無垢フローリングの特徴をお伝えすることから始めます。
無垢は生木ですから、太陽光線や何かモノを落とした場合に敏感に反応してしまいます。そのため、代表的な欠点に『反り(そり)』や『傷がつきやすい』があります。ただ、この敏感さが、木の保温力や蓄熱性、癒し効果ともいえるフィトンチッド効果になっているのです。

 もし、あなたが無垢の特徴である『反り』や『傷がつきやすい』を解消したいと言った場合、無垢の性質を理解していない住宅関係者は、ウレタン塗料を薦めるでしょう。確かに『反り』や『傷がつきやすい』はなくなります。ただし、同時に無垢の保温力や蓄熱性、フィトンチッド効果までも完全に無くなってしまいます。
それでも良いのでウレタン塗料を塗るのであれば、無垢である必要はありません。もっと安価で始めからウレタン塗料が塗られている無垢調(合板)フローリングを使った方がよいでしょう。

それほど、ウレタン塗料は無垢とは相性が悪いのです。

無垢の木目がしっかりと表現できている合板フローリング。
厚いウレタン塗料が塗られていて、つるつるとした肌触りがある。

 ウレタン塗料も塗った後は舐めても大丈夫です。
 塗膜が乾燥しているので、ホルムアルデヒドなどの化学物質は発揮しません。そういった意味では、自然健康塗料と同じです。あくまでも、塗って乾燥した後です。
 ウレタンに限らず、油性は1度固まってしまえば化学物質は発揮しません。水性の場合、塗装時はトルエンなどの溶剤が少ないので臭いが少なくて良いのですが、塗装後の環境によって化学物質が発揮する可能性があります。
 自然健康塗料は水性ですが、自然素材建築研究所で推奨している自然健康塗料には溶剤が一切含まれていないので、化学物質は発揮しません。

 自然素材建築研究所が推奨している塗料はいくつかあり、それらの成分はそれぞれ異なりますが、代表的な成分としてお米や蜜ろうや亜麻仁油・ひまわり油・ラベンダー油・オレンジなどが原材料の、とても安心できる塗料で、溶剤が含まれている塗料のように独特な不快な臭いはありません。
バリエーションは、無色透明だけではなく、白はもちろんで、赤や緑・茶色など多くあります。
無垢の保温力や蓄熱性、癒し効果ともいえるフィトンチッド効果を発揮させるためには、自然健康塗料を選択してください。

国産の自然健康塗料キヌカ

お米を精米すると出る米ぬかが主原料、米ぬかは一昔前までは床や
家具の掃除には欠かせないものでした。

リフォームする

無料メール相談
  • 施工事例
  • 新築施工事例
  • リフォーム施工事例
社長村上よりごあいさつ
自然に住もう代表のブログ
完成お披露目会
棟梁・職人紹介 | 当社の大工は腕に自信があります!
選んで良かった | お客様の声をお聞き下さい
勉強会に参加する

サイトマップ | 個人情報の取扱について | Links