電磁波対策・オールアース住宅

住宅の中にいるだけで電磁波の影響を受けています。

住宅の中に潜んでいる『電磁波』
もう知らないふりはできません。

最近ではテレビゲームにも、電源コードにアースが付き始めました。
テレビゲームで遊ぶ子供達への電磁波の影響を考慮した上でのことです。

テレビゲームは機種にもよりますが、コンセントに差し込まれている電源コードからコントローラーに伝播して、身体全体に誘導電流を誘起させ、電気から起きる低周波の電磁波を発生させています。

世界で最も厳しい規制値があるスウェーデンでは、25ボルトパーメーター(電磁波の交流電場の単位)を超えると人体に影響があるとされています。日本では電磁波の規制がありません。
長時間ゲームをしている間、相当な電磁波を浴び続けているのが現実です。

どれだけ電磁波が出ているのか?

私たちが日常的に使っているノートパソコンやホットカーペットは、650V/m(ボルトパーメーター)の電磁波を電源を入れるだけで発生しています。
スウェーデンが規制している電磁波の約25倍です。
日常的に、これほどの電磁波を私たちは受けているのです。

そして、一般的な住宅には約1000mもの電気配線が壁や天井内に張り巡らされています。
この電気配線からは常に電磁波が出続けています。
電気配線以外にもコンセントなども電磁波を発生させています。
しかも最近の住宅は昭和40年頃と比べて、電気配線は長くなり、コンセントの数が多くなり、電磁波の発生源に囲まれてしまっています。

30年前と現在の比較例※右が現在の概数値となります。

(壁内の)屋内配線の量 150m → 1000m
分電盤の回路数 6回路 → 23回路
照明の数 16箇所 → 42箇所
コンセントの数 16箇所 → 48箇所
1980年の家電
1980年
2017年の家電
2017年

日本には『内線規定』というものがあります。
一部屋あたり4箇所以上コンセントを設けなければいけないというルールです。
この内線規定により、30年前とくらべると恐ろしいほど私たちは電気に覆われてしまいました。

オールアース®住宅で電磁波をブロック

床下や壁の内部を通る配線からは、電磁波(電場)が常に発生しています。
電場は電位が高い方から低い方へ流れます。
人体は電位が低いため、配線からの電場は室内にいる人間の身体のほうへ流れ伝播してしまい、家に居るだけで伝播し続ける状況をつくり出すことがわかりました。

その解決策として『アースによって抑制される』という電場の性質を利用するために、導電性シートを開発しました。
このシートを配線と床(壁)の間に敷き、シートをアースするだけで、シートが配線からの電場をブロックし、たとえ配線の真上に座っても電場の影響を受けない環境を作り出します。

導電性繊維によるアース処理のしくみ

通常の構造
通常の構造
アース処理をした構造
アース処理をした構造

グランディアホームは、住宅内で発生する電磁波の人に与える影響を抑えるために、(株)レジナ(代表 土田直樹氏)が開発した『オールアース®住宅』の技術を新築住宅建築とリフォーム工事に取り入れています。

  • 資料請求のお申し込みはこちら

    資料請求する。

    手が届く価格の「自然派デザイン住宅」
    カタログを無料でお届けします。

    カタログ請求

  • イベント・勉強会のお申し込みはこちら

    体験する。

    各種イベントやモデルハウス見学会にお気軽にご参加ください。

    イベント情報

  • お問い合わせはこちら

    無料相談する。

    具体的な予算やスケジュール、
    設計について詳しく知りたい方は
    無料相談をご利用ください。

    無料相談会