お客様の声 vol.05

2年経っても変えるところが無いほど、最高の設計でした。新しい家でのびのびと子育てができることが、本当にうれしいです。

今日は、千葉県南房総の伊藤様邸にお邪魔しました。
サーフィンが趣味のご夫妻は、房総の海が見える高台の土地を探し、グランディアホームに建築を依頼しました。「お子様がのびのび育つ二世帯住宅にしたかった」と仰る伊藤様に、30代で建てたマイホームについて、詳しくお話をお聞きしました。

構造 木造2階建住宅
敷地面積 154.84m²(46.9坪)
延床面積 841m²(255坪)
竣工年月 2013年12月

伊藤邸の外観

伊藤さん、今日は取材にご協力いただきありがとうございます。どうぞよろしくお願いします。

伊藤です。夫婦で看護師の仕事をしています。家族は妻の志穂、長女の沙空(さら)6歳、長男の優樹(ゆうき)4歳、次女の里桜(りさ)1歳の5人です。どうぞよろしくお願いします。

伊藤さんの家はいつごろ完成したのですか。

昨年の12月に完成しました。両親も一緒に住めるように、二世帯住宅を建てました。

奥様はいかがですか。

とても快適です。今年の冬は、大雪が積もるほど寒かったのですが、薪ストーブのおかげで家の中は暖かく過ごせました。
私たちは冬でもサーフィンをしているので、薪ストーブが大活躍しました。

真冬のサーフィンですか。ウェットスーツを着ていたら冬でも大丈夫なのですか。

ウェット着ていても寒いです。あまりの冷たさに30分で海から飛び出すこともあります。唇を真っ青にして、ウェットスーツのまま家に駆け込むんです。

そんな時に、こちらの薪ストーブが活躍するのですね。

はい。身体の芯まで温めてくれます。前のアパートでは、サーフィン用具の片付けがひと苦労だったのですが、今は本当に楽になりました。

ベルギー製の薪ストーブでホクホクの焼き芋

素敵な薪ストーブですね。どちらのメーカーのものですか。

ベルギーのネスターマーティン社の薪ストーブです。普通の薪だけでなく、針葉樹も燃やせるタイプです。

よかったら、薪ストーブに火を焚くところを見せていただけますか。

はい。最初は戸惑っていたのですが、慣れると簡単です。毎日やっていると慣れるものなのですね。今では、サツマイモを入れて焼き芋を作ったり、煮込み料理を作ったりしています。

ベルギーのネスターマーティン社の薪ストーブ
手際良く、ネスターマーティンの薪ストーブに火を入れる奥様の志穂さん

薪ストーブで焼き芋ですか、美味しそうですね。どのくらいの時間で焼き上がるのですか。

夕方薪を焚いて、熾(おき)になってからサツマイモを入れておくと、朝にはホクホクの焼き芋ができあがっています。夫も子供たちも大好きなんですよ。

洋風の薪ストーブと和室が自然に馴染んでいて、ほっとする空間になっていますね。

和室と薪ストーブって、不思議と合いますよね。一階は、客間として使える和室と、右奥には両親の生活スペースをつくりました。寝室とリビング、ダイニングキッチン、バストイレがあります。両親は、旭市に住んでいて、たまにしかここには来ないんですが、この和室で孫たちと遊んでいます。

広々した玄関を入って左手の和室
和室から玄関を眺めた図

土間に貝殻が埋められているのですね。

海で拾った貝殻を土間に埋めていただきました。私たちは千葉県出身ですが、仕事で南伊豆に住んでいたこともあり、休日になるとサーフィンが楽しみでした。いつか家を建てる時に飾りたいと思って、きれいな貝殻やシーグラスを集めていたのです。

念願が叶って本当によかったですね。大きなサーフボードの収納はどうしていますか。

玄関を入ってすぐ右側に専用の収納スペースを作りました。ボードは大きくて倒れやすいですから、収納にはずっと苦労していたのです。ここには二人分のウェットスーツとサーフボード4枚が収納できます。

収納の入口にある貝殻のウィンドチャームも素敵ですね。優しい音色で、ほっとしますね。

ウィンドチャームは妻が貝殻とサンゴを麻ひもで編んで作りました。このサーフボードのカバーも、妻が作ってくれました。

  • 大きなサーフボードの出し入れが楽にできる収納
  • 貝殻とサンゴを麻ひもで編んで作成したウィンドチャーム
  • 志穂さん手作りのサーフボードのカバー

「マイホームでのびのび子育てしたい」

伊藤さんに、2階を案内していただきました。



1階の薪ストーブから吹き抜けになり、冬は暖かく、夏は涼しい快適な2階
南房総の高台に建つ伊藤邸から眺める景色、ここから朝日が昇る

天然木がふんだんに使われていて、素敵なリビングですね。

ありがとうございます。晴れた日にはここから房総の海が見えるんですよ。

念願のマイホームで子育てができてよかったですね。

はい。マイホームで子育てできるのを何年も楽しみにしていたので、夢が叶って嬉しいです。本当にありがたくて、感謝しています。

南向きの大きな窓を背にくつろぐ伊藤さんファミリー
テレビ台の下にあるスピーカー

このテーブルは、一枚板ですね。希少価値の高いものとお見受けしますが。

これは近所の材木屋さんで見つけました。「ちょうどいいのが眠っているよ」と、お店のご主人に案内されて、倉庫の奥に行ったら、これがあったのです。ほこりを拭いたらきれいなテーブルで、しかも花梨の一枚板だったのです。花梨は輸入規制で原木が殆ど市場にないそうです。探していたイメージにぴったりのものが見つかってうれしかったです。

いいタイミングで出会ったのですね。テレビ台の下にあるスピーカーもすごく大きいですね。

これは独身時代に4台持っていたものを妻に頼みこんで部屋に置いていたのです。妻からは「いつ捨てるの?」と言われていたんですが、「2台は処分するからこの2つだけは家を建てるまで捨てないで」と頼んでいたものなんです。

志穂さん、スピーカーが納まるところに納まってよかったですね。

そうなんです。置く場所ができて、スッキリしました。

音響システムが充実しているから、ホームシアターが一層楽しめそうですね。

はい。ゆくゆくは、この壁をスクリーンにして、プロジェクターで投影したいと考えています。それで壁をフラット仕上げにしていただきました。きれいに仕上げていただいたので、スクリーンを買わなくても、十分対応できると思います。

  • リビングテレビの後ろの壁はフラット仕上げでスクリーンになる
  • 広々とした伊藤家のリビング
  • ご夫婦の書斎

オープンキッチンがリビングと調和して、カフェのようなお洒落な雰囲気ですね。

ありがとうございます。限られたスペースですが、動きやすさを考えて設計していただいたので使いやすいです。

オープンキッチンにして良かったことはどんなことですか。

そうですね。家族の顔を見ながら料理を作れるのがうれしいです。

キッチンの奥にある収納コーナーがとても使いやすそうですね。

はい。丁度いい場所に収納コーナーがあって、必要なものがすぐ取り出せるし、見せたくないものは隠せるし、片付けが楽なところも気に入っています。
この収納コーナーの上にある木も、テーブルを買った材木屋さんで見つけたものなんです。槐(えんじゅ)という木で、縁起の良い木なのだそうです。一人では持ち上げることもできないほど重い木でしたが、夫が「どうしてもこの場所に飾りたい」と、大工さんにお願いして、納めていただきました。

色合いが天井扇(シーリングファン)とぴったりで、素敵なアクセントになっていますね。

夫は凝り性というか、雑貨を集めるのが好きなんです。特に、南国っぽいアジアンテイストの雑貨が好きで、インターネットや雑貨屋さんめぐりをして集めていました。

ご夫婦ともに共通の趣味が、家づくりに活かされたのですね。

妻は手作りのナチュラルな雑貨が好きで、いろいろ手作りしてくれています。
お互いに気に入ったものを飾って楽しんでいます。

この天井扇(シーリングファン)は、どこで見つけたのですか。

こちらはインターネットで見つけて一目ぼれしました。杉の無垢板の色合いと、槐(えんじゅ)の木、どちらとも合うので、これしかないと思って個人輸入しました。

料理を作る志穂さん
キッチンの奥にある収納スペース / 渋い色合いのシーリングファン

「子供部屋とトイレの壁は家族で力を合わせて塗りました」

家族の手形を壁にペタリ!家づくりの思い出が詰まった子供部屋 / シーグラスを壁に埋め込んだ清潔感あふれるトイレ / 「子供部屋が大好き!」と、にっこり笑顔の沙空ちゃん

家づくりで特に楽しかったことはどんなことですか。

特に楽しかったのは子供部屋とトイレの壁を家族で塗ったことです。
子供部屋には家族の手形を入れて、トイレの壁には海で集めたシーグラスをひとつひとつ埋め込みました。

沙空ちゃん、子供部屋の壁ぬりはたのしかったですか。

楽しかったです。壁にお絵かきしました。

家族みんなで作った思い出はずっと心に残りますね。

そうなってくれたらうれしいです。自分の部屋に愛着を持って、楽しく過ごせる場所になってほしいと願っています。

シーグラスのデザインは波を表現されたのでしょうか。色合いとデザインがマッチして美しいですね。

妻がデザインしてくれました。子供たちにも手伝ってもらって、ひとつひとつ埋めていきました。

子供部屋は珪藻土で、トイレは漆喰を塗ってあるのでしょうか。

はい。水回りには湿気とカビに強い漆喰を使って、子供部屋とリビング、寝室は調湿効果の高い珪藻土にしました。子供部屋は明るい色をにして、リビングは少し落ち着いた色を選びました。

壁を塗るにあたって、職人さんの反応はどうでしたか。

材料を準備してくださり、使い方や塗り方を丁寧に教えてくれました。工事の予定が遅れるかもしれないのに、気持ちよく応援してくれました。感謝しています。

これから、駐車場や薪置き場も作っていく予定です。
樹や花を植えて、庭を作る楽しみも増えました。

サーフィンの趣味にプラス、日曜大工とガーデニングが加わりましたね。

はい。それに、『薪拾い』という、趣味も増えました。今年の冬は、軽トラックにいっぱい薪を拾い集めて、薪割りをしていました。大変だろうなと思っていた薪割りも、やってみると楽しくて。切り株や薪を利用して、子供たちに砂場を作ってあげたら、とても喜んでくれました。
こんな風に休日を過ごすのは初めての経験です。

  • 伊藤さんが手作りした砂場
  • 「薪置き場もこれから作る予定です」
  • 駐車場で元気に遊ぶ子供たち

これからグランディアホームで家を建てようとお考えの方へ

これからグランディアホームでマイホームを建てようとお考えの方に、アドバイスをお願いします。

家づくりは、重大な決断ですから、会社選びは慎重になって当たり前だと思います。私たちの経験が少しでも参考になれば幸いです。

数ある会社の中から、グランディアホームを選んだのはなぜでしょう。

1.大手の住宅展示場で感じた違和感とは
グランディアホームの『自然素材の学校』や現場見学を通して、本物の自然素材を使った家の良さを深く理解できました。大手の住宅展示場で感じた違和感は、この自然素材が無かったことだったのかもしれません。見た目は自然風だから、分かりにくいのですが、触ったり、座ったりしていると、肌の感覚であたたかみが全然違いました。本物の自然素材はやっぱり気持ちがいいです。

2.アジアンテイストのインテリアに詳しい担当者がいる
担当の西ヶ迫さんは、アジアのインテリアに詳しいので話が早かったです。バリ風、タイ風、マレーシア風、多様な国々のインテリアを勉強されているので、建てたい家のイメージをすぐにわかってくれました。ビーチリゾート風の家と言ってもいろいろあるから、細かいところまでわかってくれる人が担当してくれるというのが心強かったです。

3.設計から2年経っても、同じ設計図で建てたいと思った
実は、設計をグランディアホームにお願いして、さあ建てようという矢先に、不動産屋さんの事情で土地が買えなくなり、マイホームの夢が消えてしまったことがあるのです。それから2年間、土地を探していましたが、グランディアホームの設計以上のものは考えられませんでした。それくらい私にとっては、最高の設計だったのです。

4. 杉の無垢板は、真冬でも裸足で過ごせます
ひと冬暖かく過ごせたので、無垢の杉を床材に使ってよかったとしみじみ思います。千葉県産の杉は、千葉の気候風土に適しているし、針葉樹の香りがさわやかです。家に帰ってきたときに、森の香りがして、とてもリラックスできます。

  • 子供部屋でのびのび遊ぶ優樹くん
  • 「無垢板なら真冬でも裸足で過ごせます」
  • 朝日で自然に目覚める寝室

「土地が買えない!?」ハプニングを乗り越えて夢を実現

マイホームを建てようと言う矢先に、土地が買えなくなったとのことですが、詳しくお聞かせください。

今から2年前に、ある不動産屋さんから土地を購入する予定で、グランディアホームに設計を依頼していたのです。設計図は完成したのに、不動産屋さんの事情で土地が買えなくなってしまって...。言葉も出ないくらい、ショックでした。

大変なことがあったのですね。その後どうしたのですか。

いつまでも落ち込んではいられないので、また、1から土地探しをやり直しました。1年が過ぎても気に入った土地は見つからず、気持ちばかり焦っていました。妻が出産を控えていて、子育てを新しい環境でさせてあげたくて、必死で土地を探しました。2年が経った頃、アパートの大家さんが「いい物件がある」と声をかけてくれたのがここでした。

この土地を見に来た時は、どんなお気持ちでしたか。

喜びというより、戸惑いのほうが大きかったです。あたり一面、草ぼうぼうの野原だったので、妻は不安そうな顔をしていました。ただ、背伸びをして海の方角を見てみたら、かすかに海が見えたのです。

妻と二人で草をかき分けながら歩いているうちに、いけるんじゃないかなって思いました。日当たりも良く、静かな環境で、だんだんと気に入ってきたのです。それで、ここに建てられるかどうか、グランディアホームに相談することにしました。

マイホームが具体的になっていったわけですね。

はい。グランディアホームに電話をして、前のプランで行けるかどうか相談しました。担当の西ヶ迫さんが、親身になってくれて、設計図を殆ど変えずに、念願の家を建てることができました。ここは地盤が固いので基礎工事が大変だったのですが、本当によくやってくれたと感謝しています。

良かったですね。家づくりはどのように進められたのですか。

土地を探している2年間は、図書館やインターネットで自分の建てたい家の資料を集めてファイリングをしていました。そのファイルをグランディアホームに見せながら家づくりのプランを打ち合わせしました。それからは、全てがスムーズに進んでいきました。
昨年の6月に着工し、8月に建て前をして、12月に完成でした。

完成からもうすぐ4ヶ月になるのですね。今の感想をお聞かせください。

そうですね、大きな決断でしたが、建てて良かったと思います。海から太陽が昇ってくるのが見えるのがうれしくて、早寝早起きの健康的な生活ができるようになりました。
以前は、夜遅くまで起きていたんですが、子供たちも8時にはもう寝ているんです。

里桜ちゃんが持っている青いファイルは、伊藤家のマイホームの夢がいっぱい詰まった思い出のファイルなのですね。

はい。このファイルにマイホームのプランを集めている頃、里桜はまだ産まれていませんでした。新しい家で、のびのびと子育てできることが、本当にうれしいです。

インタビューを受ける伊藤様ご夫妻
自然豊かな環境の伊藤邸 / ファイルで遊ぶ里桜ちゃん

数ある会社の中から、グランディアホームを選んだ理由

グランディアホームを見つけたきっかけはなんですか。

インターネットで見つけたのがきっかけです。

他社との比較はありましたか。

はい。大手の住宅メーカーから、小さな会社、無添加の住宅や、自然素材の住宅を得意とする会社など、いくつも探しました。資料を取り寄せ、展示場を見たり、家を見せてもらったりして、20社くらいから、数社に絞り込んで、一番よかったのでグランディアホームに決めました。

グランディアホームで家を建てようと決めた理由を詳しく教えてください。

1. 成田のショールームが決め手だった
グランディアホームの成田ショールームに行った時でした。どの住宅展示場に行っても「なんとなく、ピンとこない」と言っていた妻が「ここなら、私たちの好きなものをわかってくれそうだよね」と言ったのです。それが決め手になりました。

2. 『自然素材の学校』に参加して、海辺の暖炉付き一軒家のプランができた
『自然素材の教科書』を読んで、自然素材の学校に参加しました。現場見学も申し込んで、自然素材を使った暖炉のある家を見せていただき、住んでいる方のお話をお聞きしました。海辺の暖炉付き一軒家というマイホームのプランが具体的になっていきました。

3. 現場が南房総でも地元の大工さんと連携してスムーズに仕事ができる
グランディアホームが地元の不動産屋さんや大工さんと連携して、スムーズな仕事をしてくれました。南房総まで足を運んで現場の基礎から調査して、方角、日当たり、道路の位置などを考慮して、完成度の高い設計をしてくれたので、安心して仕事を任せることができました。

今後の期待と評価

グランディアホームへのメッセージをお聞かせください。

(ご主人)家を建てたら100%理想の家を実現してくれたグランディアホームの皆さんに心から感謝しています。大工さんをはじめとして職人さんたちには、工事の途中で無理を言ったこともありましたが、いつでも気持ちよく対応してくださいました。おかげさまで、夢を叶えることができました。本当にありがとうございます。
これから、駐車場や薪置き場などを作っていきますので、またいろいろ相談に乗ってください。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

奥様からも、メッセージをお聞かせください。

グランディアホームにお願いして本当によかったと思います。担当の西ヶ迫さんにはうちと同じくらいのお子さまがいらっしゃるので、話も合うし、なんでも気軽に相談できました。これからも、子供たちの成長を暖かく見守っていてください。本当にありがとうございました。

これからも、ずっと
見守っていてください。

伊藤様、本日はお忙しい中ありがとうございました。

  • 資料請求のお申し込みはこちら

    資料請求する。

    厳選した自然素材と地元で育った木で
    健康で長持ちする家を建てたい人へ。

    「空気おいしい家」をつくるための無料ガイドブック。

    無料ガイドブック請求

  • イベント・勉強会のお申し込みはこちら

    体験する。

    各種イベント参加やモデルハウス見学の
    ご予約を承っております。
    来て、見て、空気おいしい家を体感してください。

    見学・体験予約

  • お問い合わせはこちら

    相談する。

    新築にしようかリフォームにしようか検討中の方や、
    具体的な予算やスケジュール、
    設計について詳しく知りたい方は
    個別相談をご利用ください。

    個別相談予約フォーム

お気軽に
お問い合わせください。

0120-27-4152 受付時間  9:00 - 18:00(水曜定休)