ZEHビルダー

2014年4月の閣議決定『エネルギー基本計画』において、『住宅については、2020 年までに標準的な新築住宅で、2030年ま でに新築住宅の平均で住宅の年間の一次エネルギー消費量が正味でゼロとなる住宅(ZEH)の実現を目指す』とする政策目標が設定されました。

経済産業省はこの目標の達成に向け、2016年4月、『住宅・ビルの革新的省エネルギー技術導入促進事業費補助金ZEH(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)支援事業』におけるZEHビルダー登録制度の概要案を公表しました。
この制度は、補助事業執行団体にて登録要件を満たす工務店やハウスメーカー、建築設計事務所等を対象として公募を行い『ZEHビルダー』として登録するものです。

当社では平成28年度よりZEHビルダー登録を行い、以下の通り2020年度に向けたZEH普及率目標を設定いたしましたので公表いたします。

ZEH受託率実績・目標
  • ZEHの周知・普及に向けた具体策

    自社ホームページへの提示および、見学会やセミナー等のイベント時にお客様へZEH基準の住宅を積極的にPRし、性能や効果などを周知します。
    また、社内研修において省エネ創エネの技術を習得するように社員育成を行います。

  • ZEHのコストダウンに向けた具体策

    ZEHを構成する高性能サッシや高性能ガラス、太陽光発電等の建材や設備について、費用対効果を踏まえた最良方法を検討し、省力化における原価低減を目指します。また、創エネに対して太陽光の発電効率が最適かつ設置工事が難易にならない屋根形状、配置計画とすることで工事費削減を目指します。

  • その他の取り組みなど

    外皮の断熱性能や創エネだけでなく、
    通風や昼光利用等自然エネルギーを利用するパッシブデザインとすることで更なる省エネ化を図り、長く健康に安心して暮らせる住宅を提供します。

  • 資料請求のお申し込みはこちら

    資料請求する。

    手が届く価格の「自然派デザイン住宅」
    カタログを無料でお届けします。

    カタログ請求

  • イベント・勉強会のお申し込みはこちら

    体験する。

    各種イベントやモデルハウス見学会にお気軽にご参加ください。

    イベント情報

  • お問い合わせはこちら

    無料相談する。

    具体的な予算やスケジュール、
    設計について詳しく知りたい方は
    無料相談をご利用ください。

    無料相談会